神奈川難病連主催RDD2020(世界希少・難治性疾患の日)体験発表会・交流会(2020/3/29)開催のお知らせ

日時:2019年3月29日(日)13時30分~16時30分
場所:かながわ県民センター 1501会議室
主催:NPO法人 神奈川県難病団体連絡協議会(神奈川難病連)

Rare Disease Day (世界希少・難治性疾患の日、以下RDD)はより良い診断や治療による希少・難治性疾患の患者さんの生活の質の向上を目指して、スウェーデンで2008年から始まった活動です。日本でもRDDの趣旨に賛同し、2010年から2月最終日にイベントを開催しております。(今回のイベントは都合により3月の開催となります。)

難病と診断され、どのように受容し前向きに生活してこられたか先輩患者の方たちのお話に耳を傾けてみませんか。これからの生活にヒントを得たり、少しでも気持ちが軽くなるかもしれません。例え病気が完治しなくてもそれなりに人生を謳歌してほしいと 我々は願っています。

詳しくはPDFをご覧下さい。

RDD2020チラシ表(PDF)) (RDD2020チラシ裏(PDF)

参加申込みは神奈川難病連のホームページよりお願いします。